日通単身引越し

日通単身引越し 良かった点&困った点

 

〈日通単身引越しで良かった点〉

 

事前にダンボールが届き、中にガムテープや割れ物シール、プチプチ、包み紙などが沢山入っていてとても便利でした。

 

ダンボールも大中小と大きさが分かれていましたが、荷物を入れた後積みやすく、引越し準備中もダンボールがあまり邪魔にならずに置いておけました。

 

妊娠中の引越しという事で、担当の方が逐一「体調はどうですか?無理は絶対されないように」とフォローしてくれ、とても暖かい対応だなと感じました。

 

引越しの作業だけでも大変なのに、私への配慮や連絡などもしっかりとして頂いた所が、日通に頼んで良かったなと、安心だなと思えました。

 

 

〈日通単身引越しで困った点〉

 

引越し当日は3名の方に作業を行って頂きました。

 

ただ、年齢層が少し高く、途中で「ちょっと、休憩、立ちくらみをした」など、こちらが心配になるシーンが何度かありました。

 

声をかけると「大丈夫です」と作業を続け、時間はかかったものの、丁寧な作業のため傷やゴミなどいっさいなく終わりました。

 

何事もなく無事に終えられてホッとしましたが、重たい荷物ばかりだったので、少し心配でした。

 

 

〈引越しのコツ〉

 

荷物をダンボールに詰める前に断捨離を行いました。

 

押入れの中の物、引き出しの中の物を一度全て出し、1年以上使っていない物は捨てるなど、思い切って断捨離をした事で、荷物を減らしました。

 

その中でもまだ使えそうな物はネットオークションや、古着屋さんに持って行き買い取ってもらいました。

 

引越しを機会に荷物の整理ができ、さらに眠っていたものがちょっとしたお小遣いになって返ってきたので良かったです。

 

引越し当日、洗濯機や冷蔵庫などどかしてもらうと沢山ゴミが出てきます。

 

そこで掃除用具や直前まで必要になる物入れダンボールをひとつ作り、それは最後に運んでもらいました。

 

直前まであってよかった物は「ウェットティッシュ、トイレットペーパー、ビニール袋2〜3枚、飲み物(喉かわきます)、スリッパ、懐中電灯など」です。